ドイツの車メーカーBMWの魅力とは

ドイツの車メーカーBMWの魅力とは

ドイツの車メーカーBMWの魅力とは 日本人なら誰もが知っているヨーロッパの車メーカーにBMWがあります。正式名称はバイエリッシェ・モトーレン・ヴェルケ・アーゲーまたの名は、バイエルン発動機製造株式会社といいますが、長いので「ビーエムダブリュー」はもとより「ビーエム」という略称で呼ばれることもあります。長い歴史の中で先進的なデザインの車を作ることでも知られ、フロントには丸型四灯ライトとキドニーグリル、通称豚の鼻とよばれる2つに分けられたエンジングリルが特徴的です。これは現行型に至るまで形状は変わってはいますがすべての車に採用され続けているアイデンティティといえます。
中古車市場でも依然として人気であり、旧モデルでも高値で取引されています。右ハンドルの日本仕様もありますが、左ハンドルにこだわるドライバーもいます。最近の国内メーカーは戦略としてコスト削減に走っているためにメーカーとしての遊び心を持つ余裕がなくなってしまったと感じていますが、BMWの場合はモデルごとの完成度が非常に高く、それでいて遊び心がふんだんに盛り込まれ旧式モデルの車両でも現代で通用するデザインに仕上がっています。走りの性能も申し分なく、どこまでも路面に吸い付くような、コーナーでも安定して曲がることができる素直なハンドリングとエンジンの高い耐久性と相まって新車で購入したモデルを長く乗り続ける人もいます。そのデザイン性を高めたのは一人のチーフデザイナーの巧みな才能でした。1990年代からデザインを手がけ、2000年代からは一気に才能を開花させスポーティーかつオシャレとしても使える車として彼ならではの特徴を残しつつ斬新なボディの車を多数世に生み出してきました。旧来からのファンからは批判を浴びましたが、新規ファンを獲得し販売台数の増加にも貢献しました。現在はデザイナーからは離れてしまいましたが、彼の意匠を受け継いだ車が多数発売されています。品質面でも、技術力が高く品質も高い日本製の部品メーカーを採用するなど安定してきました。

オススメのサイト

Copyright (C)2022ドイツの車メーカーBMWの魅力とは.All rights reserved.